突出した何か

情報を制してブランド力を勝ち取る

商品やサービスを世に出すにあたってまずは競合する商品やサービス、市場のニーズなどの調査をしなければなりません。
敵と対等に渡り合う為には知識が重要です。
ブランディングが相手に商品やサービスについて良く思ってもらうものである以上、情報の多さ、そして情報を正確に伝える能力が求められますから相手がどのような強みを持っているのか、そもそもどの層をターゲットとするのか、それに対して市場の反応はどうかなど情報量の多さが成功に繋がります。

既存の有名ブランドなどは当然それぞれ強みを持っており、世間一般的にもそれらは認知されています。
A社はこの点で優れている、B社は他よりも品質が良いなどそういったプラスの印象を持たれている時点でブランディングは成功しています。

全員が満足出来るものなどない

必要な情報を集め終わったら自分たちの商品やサービスがどのような強みを持っているかを再確認しましょう。
当然既存のものと対抗するには目新しい要素が必要になります。
その上で足りないものや今の市場が欲しているものを追求して唯一無二の商品やサービスを確立することで一歩前進になります。

短期間で成果が出る訳ではありませんから長い目で見ていかなければなりません。
効果の程はブランド認知度によって窺い知ることが出来ます。
ある程度の認知度があれば次のステップとして消費者が提供する商品やサービスについてどのようなイメージを持っているかの調査。
100人いて100人が満足する商品やサービスを提供することは不可能です。
しかし100人中90人を満足させることは不可能ではありません。


この記事をシェアする