ブランディングによる恩恵

マーケティングという言葉は聞き慣れていてもブランディングという言葉はあまり聞き慣れないという人も多いはず。
そもそも似て非なるこれらの違いは一体何なのでしょうか。

マーケティングとは取り扱っている商品やサービスを積極的に持ち上げて消費者に訴えかけること。
能動的なマーケティングに対してブランディングはどちらかと言えば受動的です。
消費者にアピールするという点では似ていますが、こちらは消費者側が自らその商品やサービスに惹かれるよう仕向ける戦略建てをすること。
一言で言ってしまえば自ら商品やサービスの良さを伝えるか、相手に商品やサービスの良さを気付いてもらうかの違いです。

戦略的には異なる二つの動作ですがこれらは商品やサービスを提供する企業にとってはどちらも重要なものになっています。
マーケティングが上手くいくことで顧客の獲得に繋がり、ブランディングによってリピーターは勿論、与えられた複数の選択肢の中から選ばれる確率が飛躍的に向上します。
仮にあまり名の知れていない企業の商品と有名企業の商品が同額で販売されていた場合、後者を選ぶ人が多いと思います。
つまりブランディングとは商品やサービスというよりは企業そのものの価値を向上される為のものと考えられます。
それに対してマーケティングはその企業が持つ商品やサービスなどの強みを強調するもの。
マーケティングとブランディングが不釣り合いでは企業価値も商品価値も向上を望むことが難しい為、両方のバランスが取れている必要があります。

マーケティングとブランディングの違い

商品やサービスを提供する上で重要なポイントとなる戦略の一つ、それがブランディングです。 大袈裟に言ってしまうとこれを上手く行うかどうかによってその企業の価値が良くも悪くも大幅に変化します。 では上手く行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

突出した何か

既存の商品やサービスを武器に戦うのであれば何か秀でたものが必要になります。 その為にもまずは既存のものを知り尽くさなければなりません。 新規となり得るものであれば必然的に目を惹くことは出来ますが既存のものでは埋もれてしまう可能性も十分にあります。

競争を制する

ブランディングは企業価値を高めるだけでなく市場を安定に保つ機能も果たしています。 安定しなければ売り手にとって何一つ良いことはありませんからこの戦略を上手く使うことが企業を発展される上での重要なポイントです。 但し、必ずしもブランディングの効果があるとは限りません。